倶楽部の歴史

北海道におけるゴルフの歴史、それは、小樽カントリー倶楽部からも始まりました。

1928年4月15日銭函の地にできた3ホールのゴルフコース。
これが、小樽カントリー倶楽部の始まりでした。
また小樽におけるゴルフの歴史の始まりでもありました。

北海道で初期のゴルフクラブ誕生

大正15年、ゴルフのない北海道の小樽へ赴任した創立者佐藤棟造は、冬のインドア練習場の開設等によって仲間を増やし、昭和3年4月11日、小樽銀行集会所に有志10人による発起人会を開き、小樽カントリー倶楽部の前身、小樽ゴルフ倶楽部を創立した。

牧場の中のゴルフコース

倶楽部創立後、4月15日銭函に3ホールのリンクを造成、5月には6ホール、9月には9ホールとなった。しかし、当時のコースは、牧場に隣接した非常に簡素なものであり、時には打ったボールを牛に食べられてしまうという、珍事も起こった。
この頃に撮影したと思われる写真にも、牛がコース内で草を食べているものがあり、当時の牧歌的な雰囲気が感じられる。

北海道ゴルフ聯盟の創立

昭和9年6月3日、北海道ゴルフ聯盟(現:北海道ゴルフ連盟<HGA>)が創立された。

当時の加盟倶楽部は、旭川ゴルフ倶楽部、洞爺湖ゴルフ倶楽部、函館ゴルフ倶楽部、室蘭ゴルフ倶楽部、札幌ゴルフ倶楽部、銭函カントリー倶楽部(現:小樽カントリー倶楽部)の6倶楽部で当倶楽部は札幌ゴルフ倶楽部と共にその中核となった。
同年9月23日、月寒リンクスに於いて、第1回全道インタークラブ・マッチを挙行、当倶楽部からは12名の選手が派遣された。

日本ゴルフ聯盟の加入

4月8日には、日本ゴルフ聯盟(現:日本ゴルフ協会)への正式加入が承認された。

新コースの着工と完成

戦争も終結し、昭和27年10月29日倶楽部再建後、再び28年5月9ホールでの再開することが出来た。その後、第1期ゴルフブームなどで、周囲のゴルフ場が、立派な倶楽部ハウスと18ホールを有する中、当倶楽部は依然として、戦前のままの倶楽部ハウスと9ホールのコースだけであり、会員の18ホールのコースを欲する気持ちは、悲願ともいうべきものになっていった。

昭和47年6月、国有地の払い下げを主とする、9ホール増設案を断念し、民有地買収による、一挙に18ホールの新コース建設に踏み切ることになった。しかし、全国的な土地ブームの時代の中、買収への悪影響を恐れ、当初計画は部外秘として扱われる事になる。

新コースの設計は名設計者として名高い安田幸吉氏に依頼し、48年夏に着工、その間オイルショックによる資材の高騰などに悩まされたが、昭和49年6月、新倶楽部ハウスと共に、悲願であった18ホールのコースをオープンさせた。

コース完成までの苦心 コース設計者 安田 幸吉

当ゴルフコースの用地は、地形がフラットで、その上樹木が少なく、どのホールも同じようなものになりがちなため、如何に各ホールの特徴を出すかという点について、一番の苦労があった。樹木でも多くあれば特徴もつけ易いのですが、樹木が少ないため、数少ない樹木を生かし、それに合わせてホールを変更しながら最小限の伐採で造成しました。

樹木の列が植林防風林帯であったので、ホールの向きに合うところもあるが、変な方向に向ったりしているので、伐採を検討する場合、その場所によって非常に難しく、樹木の少ない用地の伐採の難しさを痛感しました。

1つの池でもいろんな性格目的を持たせながら、そのホールの特徴にむすびつける様に考慮して造成しました。いろんな苦労がありましたが、私としては一応満足なものが出来たと思っています。

創立50年記念事業による日本プロ選手権大会の招致

昭和53年7月22日、倶楽部創立50周年を記念して、記念式典ならびに競技会が開催された。
出席は関係諸団体代表等80名を越え、50周年の式典に相応しい盛会となった。
また、同年の8月17日から20日まで日本プロゴルフ選手権大会が当倶楽部新コースで開催され、小林富士夫と中嶋常幸が281のタイ・スコアとなり、プレーオフの結果、小林富士夫がタイトルを獲得した。

第55回日本オープンゴルフ選手権競技

4日間当倶楽部において開催され中島常幸が逆転優勝を遂げた。また本大会に、ゴルフ発祥の地セントアンドリュースから3人のお客様が来場された。

第64回日本オープンゴルフ選手権競技

4日間当倶楽部において開催され、尾崎直道選手が闘いを制し優勝した。
過去に例を見ない程の過酷な条件の中で、尾崎直道選手の優勝スコアは10オーバーとなった。

1グリーンに向けての改修工事

平成11年の日本オープン終了後、本格的に1グリーンに向けての計画が進み以下の点を考慮し、
倶楽部側と設計者サイドとで何回も時間をかけて作成された原案について討議した結果、18
ホールの改修計画が出来上がり着工しました。

1. 真のチャンピオンコースとしてチャンピオンティーからは難しく、且つアベレージゴル
ファーにも良いプレーができるよう、十分なチャンスを与えるコースとする。

2. 各ホールにそれぞれ特徴を持たせ、全てのクラブを使用できるようなコースにする。

3. 新コース設計者安田幸吉氏の設計理念を尊重したコースとする。

4. フェアウェイ幅を平均30ヤードと現在より広くし、それでも公式戦で通用する設計とする。

5. プレーの際、技術と同様に、戦略も要求されゴルファーの興味を引き出せるコースとする。

サン・クロレラ クラシック HBC主催

サン・クロレラ クラシックゴルフトーナメントは2004年から2012年まで9年間当倶楽部で
開催された。

ニトリレディスゴルフトーナメント

ニトリレディスゴルフトーナメントが2015年から当倶楽部で開催。

小樽カントリー倶楽部 旧コース 5代目ハウス竣工

昭和36年に改築された4代目クラブハウスの老朽化にともない、平成28年10月から改築が行われ
平成29年3月に5代目クラブハウスが竣工した。

創立90周年祝賀会開催

平成30年4月15日(日)、創立者佐藤棟造が銭函に3ホール造った日から90年を迎え、祝賀会が
開催された。

  • 1928年 銭函に3ホール造った日。一番右が佐藤棟造。
  • 1928年 当時の6番ホール
  • 1947年〜78年 前右より2人目が設計者 安田幸吉氏
  • 1947年〜78年 9番フェアウェイ張芝工事。
  • ハウス予定地より左1番ティグランド。右18番Bグリーン。
  • 1990年 セントアンドリュースのお客様と競技委員長
  • 1999年 優勝の尾崎直道選手
  • 2000年 改修工事完成予想図
  • 2004年 サン・クロレラ クラシックの様子
  • 2017年小樽カントリー倶楽部・旧コース 5代目ハウス完成
  • 創立90周年を記念し製作したポスター