ご案内

Introduce/ 営業案内

プレーヤーのエチケットマナー

当倶楽部では、1928年(昭和3年)開場以来、貴重な財産のひとつとして
エチケット・マナーを守り続けて参りました。エチケットに関する基本的な考えは、コース上にいる他の人に対しても常に心を配るべきということであり、礼儀ただしさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ち振る舞うことこそが、正にゴルフの精神であります。当倶楽部独自のゴルフマナーもありますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

服装について(ドレスコード)

1. 来場時・退場時の服装

・原則として、ジャケット、ブレザーなどの上着を着用ください。
(旧コースを除く)
・ジーンズ、スエットパンツ、Tシャツ、タンクトップはご遠慮ください。
・サンダル(クロックスタイプを含む)、スニーカー等はご遠慮ください。

2. プレーの服装

好ましい服装
  • ・シャツは襟のあるものまたはタートルネックをご着用ください。
  • ・シャツの裾は必ずズボンの中に入れてください。
  • ・ハーフパンツの場合は、くるぶしが隠れるソックスをご着用ください。
好ましくない服装
  • ・襟が無いシャツ(Tシャツ、トレーナー等、女性はタンクトップ・キャミソール等)
  • ・襟の短いシャツ(襟部分が4cm以下)
  • ・シャツの裾を外に出す(但し、女性のオーバーブラウス仕立てに限り着用可能)
  • ・カーゴパンツ(外付けポケットの膨らんだタイプ)
  • ・クロップドパンツなど7寸丈パンツ(男性の着用はご遠慮ください
  • ・裾がリブ状のジャージパンツ・ジョガーパンツ
  • ・迷彩柄や派手な色柄のウェア(国旗や動物柄等)
  • ・タオルの首掛け、腰掛け

プレーについて

  • 1. コース芝生保護のため、キャディバッグの重量は13kg以内の重量制限を設けております。
  • 2. 芝生を傷つけるようなスパイクシューズでのプレーはご遠慮ください。
  • 3. ハーフ2時間以内でのプレーをお願いいたします。
  • 4. ティーイングエリアには、ティーショットを打つ人以外は上がらないようにしましょう。使用ティーイングエリア以外には立ち入らないこと。

コースの保護

  • 1. パッティンググリーン上のボールマーク(球の衝撃によるグリーン面の損傷)は、必ず入念に直してください。
    ボールマークは、早く直せば(3分以内がベスト)再生も早く、グリーンの良い状態が保てます。
  • 2. バンカー内の足跡や穴はプレーヤー自身がならしてください。
  • 3. ストロークで切り取った芝の跡(ディポット跡)は、必ず入念に直してください。
  • 4. ホール間のパッティングやアプローチの練習はご遠慮下さい。
  • 5. アプローチの練習は、決められた練習場区域内に限ります。

プレー終了時

  • 1. クラブやヘッドカバー等が、自分のものであるか確認をしましょう。
    確認後にはキャディの用意しているスタート表の確認欄にサインをしてください。
  • 2. クラブハウスに入る時は、靴を清掃してから入るようにしましょう。
  • 3. クラブハウスに戻る時は、練習グリーンを横断しないようにしましょう。

クラブハウスでのマナー

  • 1. タバコは、決められた場所で喫煙ください。(2階テラス、ティーイングエリア付近)
  • 2. レストラン等で大声での会話は、他の方に迷惑がかかりますのでご遠慮ください。
  • 3. クラブハウスを出られるまで、ドレスコードは守りましょう。

携帯電話・スマートフォンのご利用について

  • 1. クラブハウス内では指定の場所以外の通話はご遠慮ください。
    (スタート室付近・2階テラス付近・ロッカールーム)
  • 2. ラウンド中の通話は、他のプレーヤーに迷惑がかからないようにご注意ください。

プレイヤーのエチケットマナー